利用規約

「KOLers(カラーズ)」入会に関する規約

ライブ配信者(以下、「乙」という。)は株式会社ドリームサポーター(以下、「甲」という。)が主宰するアーティスト活動を支援するための組織「KOLers(カラーズ)」への乙の入会(加入、登録)について、下記の通り規約を理解し同意するものとする。

第1条(「KOLers(カラーズ)」定義)
甲は、ミュージシャン等のアーティスト(以下、「アーティストら」という。)の活動を支援するために、アーティストらが自らの演奏、演技等を公衆に発信するための機会を提供する場として、コンサート、イベント、インターネット配信アプリ等の場を企画、運営等する事業を行い、これらの場の出演予定者としてのアーティストで構成する組織「KOLers (カラーズ) 」を設置する。ただし、「KOLers (カラーズ) 」への入会は、専ら甲が提供する上記アーティスト活動発信の場への出演資格を得るためのものであり、その入会自体をもって相互に何らかの権利、義務が生じるものではない。

第2条(入会)
乙は、甲に対し、第1条記載の「KOLers (カラーズ) 」の設置趣旨を理解の上、入会を申入れ、甲はこれを承諾する。

第3条(規約)
乙は、本規約(以下、「規約」という。)を充分に理解し、これに従うことを約する。また、規約は甲の任意により変更されるものであることを予め承諾する。

第4条(出演業務)
甲が乙に対し出演を要請する個々の業務(以下、「出演業務」という。)は、次の中のいずれかとする。
①コンサート
②イベント
③インターネット配信動画
④広告主による広告宣伝
⑤前記①ないし④に関連する業務

第5条(個別契約)
1 甲は、甲の判断により、第4条記載のいずれかの出演業務を乙に要請(以下、「主演要請」という。)し、乙がこれを承諾した場合、その都度、当該出演についての個別契約(以下、「個別契約」という。)を締結するものとする。この場合、本規約の規定は当該個別契約にも効力が及ぶものとし、双方の規定が異なる場合は個別契約の規定が優先するものとする。
2 前項の甲の乙に対する出演要請は、専ら甲の判断によるものであり、出演要請の有無を含めて回数、種類等を乙に対して約束するものではない。
3 乙は、第1項の甲からの出演要請に対して、可能な限りこれに応じるものとするが、当該個別契約を締結する義務を本規約にて負うものではない。

第6条(個別契約遂行上の取決め)
乙は、個別契約における業務の遂行について、次の事項を遵守するものとする。
①出演業務のための事前準備、出演業務の内容、その他出演業務にかかる事項については、甲の指示に従うこと。ただし、甲は、規定に定める禁止事項に反しない限り、乙の出演内容そのものに対する指示、支配を行うものではない。②甲に対する事前の連絡及び報告を不足なく行うこと。③個別契約遂行中の自らの健康管理に注意すること。

第7条(肖像等)
乙は、乙の肖像等の素材について、甲または甲の指定する者が以下の目的のために無償で使用すること並びに乙の氏名、芸名、筆跡、経歴等を併せて無償で使用することを許諾する。
①「KOLers (カラーズ) 」又は甲が指定する者の広告宣伝(新聞、雑誌、TV、ラジオ、インターネット等)
②「KOLers (カラーズ) 」又は甲が指定する者のパンフレット
③「KOLers (カラーズ) 」又は甲が運営管理するインターネットのウェブサイト等

第8条(著作権、著作隣接権-実演家の権利)
1 乙は、甲に対し、第4条記載の出演業務における乙の実演に係る著作隣接権のうち財産権(録音権・録画権、放送権・有線放送権、送信可能化権、商業用レコードの二次使用料を受ける権利、譲渡権、貸与権など)につき、地域、期間、範囲等、何らの制限なく独占的に譲渡する。
2 乙は、甲に対し、第4条記載の出演業務における乙の実演に係る著作権法上の人格権につき、これを甲に対し行使しない。
3 乙は、甲に対し、第4条記載の出演業務における乙の実演において自らの著作物を使用する場合、前第1項の著作隣接権の譲渡について、著作権を行使しない。
4 乙は、甲に対し、第4条記載の出演業務における乙の実演において第三者の著作物を使用する場合、自らが許諾を得るものとする。

第9条(安全確保等)
1 甲は、乙の第4条記載の出演業務の場を設けるに際し、観客等の安全を確保するために必要な措置を取る義務を負い、かかる義務の違反による観客その他の第三者が被った損害賠償につき、すべての責任を負うものとする。
2 甲は、乙の第4条記載の出演業務の場を設けるに際し、事故を対象とした傷害保険に甲の費用負担にて加入することができるものとする。なお、万一、事故が発生し、乙が被った傷害により保険会社から保険金が支払われる場合、甲は受領した保険金の一部を乙に支払うものとする。

第10条(キャンセル)
乙の第4条記載の出演業務について、乙の事情により、乙がリハーサル、ゲネプロまたは本番ステージをキャンセルせざるを得なかった場合、甲が被った損害については、乙が全額負担するものとする。ただし、不可抗力(天災、交通事故、ストライキ)や出演者の疾病(但し、医院の診断書が必要)等により止むを得ず実行不可能となった場合は、甲、乙協議のうえ損害の負担額を決定するものとする。

第11条(「KOLers(カラーズ)」ロゴの使用)
1 甲は乙に対し、甲が所有する商標である下記記載の「KOLers(カラーズ)」ロゴの使用を甲指定の媒体において許諾するものとする。
2 乙はその使用レギュレーションに沿って第4条記載の出演業務の遂行時に使用する乙のプロフィール画像に掲出するものとする。

第12条(反社会的勢力でないことの確約)
甲及び乙は、それぞれ相手方に対し、次の各号に定める事項を確約する。
(1)自らが、暴力団、暴力団関係企業、総会屋若しくはこれらに準ずる者又はその構成員(以下総称して「反社会的勢力」という。)ではないこと。
(2)反社会的勢力に自己の名義を利用させ、本覚書を締結するものではないこと。
(3)自ら又は第三者を利用して、次の行為をしないこと。
ア.相手方に対する脅迫的な言動又は暴力を用いる行為。
イ.偽計又は威力を用いて相手方の業務を妨害し、又は信用を毀損する行為。

第13条(規約違反)
甲乙のいずれかが本規約又は個別契約に違反した場合、他方当事者は相当の期間を定めて催告のうえ、当該違反が是正されない場合には本規約を解除することができる。
ただし、第12条に違反した場合は、甲は何らの催告を要することなく、直ちに本規約を解除することができる。
上記いずれの場合も、違反者は、他方当事者に対しその損害の一切を賠償する義務を負うものとする。

第14条(裁判管轄)
本規約に関する一切の訴訟については、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とすることに合意する。

第15条(信義則)
甲乙は、本規約に定められた各条項を、信義をもって誠実に履行し、本規約に定めなき事項および本規約の各条項の解釈に疑義が生じたときは、法令の定めによるほか、誠意をもって協議し、その解決にあたるものとする。

第16条(「KOLers(カラーズ)」の個人情報の取扱いについて)
甲は、乙からお預かりした個人に関する情報の取り扱いについて、次のように管理し、保護に努めて参ります。
1 個人情報の管理者及び連絡先について
・管理者:株式会社ドリームサポーター 常務取締役
・連絡先:privacy@dream-s.asia
2 利用目的について
「KOLers(カラーズ)」が自らの演奏、演技等のコンサート、イベント、インターネット配信アプリ等の企画、運営
3 第三者への提供について
- 第三者に提供する目的:利用目的参照
- 提供する個人情報の項目:
  プロフィール画像、所属事務所、演奏、演技
- 提供の手段又は方法
  新聞社、雑誌社、TV・ラジオ局:メール、手渡し
  一般購読者、視聴者等:新聞、雑誌、TV、ラジオ、インターネット
- 当該情報の提供を受ける者又は提供を受ける者の組織の種類、及び属性
  新聞社、雑誌社、TV・ラジオ局
  新聞、雑誌の一般購読者
  TV、ラジオの一般視聴者
  コンサート、イベントの参加者
4 個人情報の委託について
個人情報については、委託する場合はあります。
その場合は、個人情報の取扱いについて、十分に安全管理措置が講じられていて、当社と秘密保持契約書を締結した委託先のみに預託します。
5 個人情報を与えることの任意性及び当該情報を与えなかった場合に生じる結果
個人情報を与えることは任意です。ただし、与えなかった場合は、上記利用目的が達成できない場合がありますので、ご了承ください。
6 個人情報の開示等について
ご提出頂いた個人情報について、利用目的の通知、開示、内容が事実でない場合における訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止(以下、“開示等”という。)の請求をすることができます。なお、開示等を請求される場合及び、個人情報の取扱いについての苦情、問合せについては、2項の管理者までご連絡をお願い致します。

以上